コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

何だかなあ

ブログをあちこち見てたら、子どもが勉強しないっていう投稿があって。
で、読んでみたんだけど、なんだか釈然としないものがあって、ここに愚痴っちゃいます。
理想論なのかもしれないけど。
はじめにお断りしておきます。
私がたどり着いた元のブログにはリンクを張りません。
その人の文ではなく、その人が紹介していた文だから、というのが1つの理由。
それと、「コメント」と書かれているのですが、どうもメールで送られたものではないかと思えるのです。だってコメント欄探してもその文がないんだもの。
私信公開だとしたらまずいっしょ、と思うのですが、いちいちその辺つっこむのも何ですから、スルーで行きたいと思います。

さて。

なぜ勉強しなくてはならないか、その答えとしては適切だろうと思うのです、その人の考え。
「これから社会に出て働かなくてはならない」
「自分の夢や目標があっても、勉強しておかなくてはその夢は叶わない」
「仕事を始めてから、もっと勉強しておけば良かったと思う」

などなど。
「そういって諭すのですが、子どもたちは全く勉強しようとしません」
だそうです。

でもね、子どもたちは毎日そんなことを考えて勉強しているわけではないでしょ。
歯磨きするのにいちいち「永久歯が正しく生えそろうために乳歯のうちから…」なんて考えながら歯を磨いてはないでしょ。
それより、「磨くと気持ちいいから」とか、「何となく、習慣になっている」とか、そんな感じだと思うんですよね。
家庭学習にしても、いちいち能書きたれるより、気持ちよさを味わわせることと、習慣にしてしまうことが先なんじゃないでしょうか。

で。

実はみっぴは、小学校高学年になるまで宿題以外ほとんど家庭学習をしたことがなかったのです。宿題もテキトーにやってたな、そういえば。
5・6年の担任が、自学を勧める先生で、「仕方なく」自学をやったくらい、家庭学習の意味とか良さとかがわかってなかった。
でも、中学になって、とにかく数学の問題を解くのにはまったんです。特に図形が好きだったなー。どこかの高校の入試問題とか、わかんない問題があるとず~っと何日も考えたり。あげくに数学の先生のところまで質問に行ったり。めっちゃ面白かった。

数学が面白くなったら、図形なんかをノートにを丁寧に描くのが楽しくなったり、他の教科も合間にやるようになったり、そのおかげで受験勉強もあまりつらい思いをせずに日々がんばれました。まあ、高校入ってからはまたぐ~たらさんに戻ったけどね。

だからかな、私自身の「家庭学習」に対するイメージは「面白いもの、達成感のあるもの」なんですよ。
「宿題」は「翌日の準備」と同じくらいの「やって当たり前のこと・習慣」という感じかな。
以前高学年を持った時に自学をやったことがありますが、そのときには自学をすごく楽しんでくれた子がいて、毎日毎日自分の考えを論文のように書いたり、図や絵を使って学習をまとめたりしてきてました。「書かないと落ち着かない」なんて言ってましたね。

切り口はどこからでもいいと思うんですが、例えば歴史物のドラマなんかから日本史通になるとか、自分の好きな小説を視写して漢字を覚えるとか(源氏物語でこれやりました私)、おもしろさが感じられる学習に取り組む、または宿題の中におもしろさや達成感を見つける(無理にでも)ってな方法で、楽しく家庭学習をしてほしいなあと思うんですよ。

ちなみに、我がクラスは、一年生なんで大体宿題は音読とドリルですが、計算ドリルは自分で答え合わせをして○をつける時が快感のようです。漢字の練習は、私が気まぐれで花丸をつけるので、どの字に花丸がもらえるかおうちの人と予想したりしながら丁寧に書くんだそうです。(自学は学年の都合でやっていません)

できることなら。

親が、「勉強って楽しいんだよ」という姿勢を自ら子どもに見せてやることです。
「子どもがちっとも勉強しない」と言いますが、じゃああなたは家で勉強をしていますか?ということです。
仕事は別です。あれ、お金をもらえるんだもの。子どもからはそう見えます。

テレビを見ていて、難しいことばが出てきた時、リビングに辞典があって、それで引いて確かめるとか、知らない国の場所を世界地図で確認するとか。
「今から読書の時間ね」とテレビを消して本を読むとか。(漫画じゃないですよ)
料理にしても手芸にしても、本を見ながら、または書き留めたノートを見ながら進めていくとか。
録画やダビングなど、家電を使うのにマニュアルを読んでやってみるとか。
最近の政治の動向について、テーマを絞って切り抜きをしてみるとか。

何でもいいんです。
楽しく勉強できて、それが習慣になればいい。

教師としては、やっぱり、学校で「べんきょうってたのしいんだよ」ってことを教えていきたい。
幼稚園や保育園の子が小学校でお勉強することに憧れる気持ち、ずっと持ち続けさせたい、と思います。





―*★*――*★*――*★*――*★*――*★*――*★*―

↓↓今日の記事が気に入ったら押してやって下さい♪

ファイブスタイル ブログランキング
1月のみっぴ
1月のめあては
「スタートダッシュ!」

1.玄関をきれいに掃除する。
2.正月太りから脱却する。
3.ブログ頑張る。

…3番がちょっと心配(^^ゞ

最近の記事
カテゴリー


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

マクロミルへ登録



おすすめの本
2014年のみっぴ
1.ベスト体重±500gを維持している。
2.英語の勉強が習慣になった。
3.手帳を使ってタスクをスムーズにこなせた。
4.脚力がついてスキーの左カーブが上手になった。
5.家中のお掃除が済んで大掃除をしなくて良かった。
6.ブログを週1は書けるようになった。
7.趣味でいろんな物を作った。
8.懸賞や頂き物、臨時収入が増えた。
9.奮発しておいしいお店に行けた。
10.毎日幸せに充実した日々を過ごすことができた。

今年こそは12月に反省記事をあげたい。(^^ゞ
ランキング
ランキングに参加しています。
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村
ブログ内検索
FC2カウンター
人気記事ランキング
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。